格安!東京旅行ガイド

エキサイティングな大都市「東京」をもっと格安で、さらにたっぷり、そして自由自在に楽しむために役立つ旅行情報をお届けします!

トップページ宿泊

東京で格安宿泊施設があるエリア

東京で比較的安く泊まれる宿泊施設が集まっているのはどのあたりか。


より大きな地図で 3,500円以下&5,000円以下で泊まる!東京の格安ホテル を表示

上記地図は消費税アップ前の少し古いものなので現在の宿泊料金は変わってしまったが、1人一泊3,500円以下/5,000円以下のホテル・ゲストハウスを記したものだ。

紫色が当時1人一泊5,000円以下だったところ。
水色が当時1人一泊3,500円以下だったところ。
(今は消費税アップにともなう料金改定で値上げされている)

格安ホテル・ゲストハウスが密集しているのは二箇所あり、ひとつは「南千住駅周辺」、もうひとつは「浅草エリア」だ。


南千住駅周辺

南千住は東京駅から見て北東部で、足立区と台東区の境界線あたり。
JR常磐線(上野から茨城方面に向かう路線)・地下鉄日比谷線の駅がある。

「南千住どこそれ?」という人も多いと思うが、都心からも近く交通の便も良い。

■JRの常磐線を利用

山手線の上野駅もしくは日暮里駅から「常磐線」に乗車、上野駅から4駅目、日暮里駅からは2駅目。

上野→南千住約7分
東京→日暮里→南千住約21分
新宿→日暮里→南千住約28分
渋谷→日暮里→南千住約35分
品川→日暮里→南千住約30分

■東京メトロ(日比谷線)を利用

都内は、地下鉄を利用したほうが動きやすいことも多い。都内を斜めに走る日比谷線は、他の路線ともあちこちで接続していて、乗り換えも便利。

大手町(東西線)→茅場町(日比谷線)→南千住約21分
銀座(日比谷線)→南千住駅約23分
六本木(日比谷線)→南千住駅約32分
表参道(千代田線)→日比谷(日比谷線)→南千住駅約37分

南千住駅の南側(台東区側)は、元々「山谷」と呼ばれていた日雇い労働者が多く集まるドヤ街で、簡易宿泊所と呼ばれる一泊1000円~2000円台の宿が多く集まっていた。

今もそうした簡易宿泊所は残るが、いくつか大通り沿いにあった宿泊所がここ10年で建て替えられ、鉄筋コンクリ10階建てなどのビジネスホテルとして生まれ変わった。

バス・トイレ共同で一部屋3.5畳と狭いものの、部屋も施設も新しくきれい。
「寝れればOK」という人にとっては十分快適な場所になっており、外国人バックパッカーも多く利用している。

●3,500円以下で泊まる!東京の格安ホテル

現在は「日雇い労働者の街」というよりは「昔、日雇い労働者だった単身の高齢者が生活保護でのんびり余生を送っているエリア」という感じで、自分も何度も利用しているが特に治安の悪さは感じない。ただ昼間から路上に座り込んでワンカップを飲んでいる高齢男性グループなどもあり、初めて来た人は結構ぎょっとするらしい。新しい格安ビジネスホテルは大通り沿いにあるので、裏路地などに入り込まなければ女性でも特に問題はない。


浅草エリア

浅草にはカオサン東京を中心にゲストハウスが多く集まっている。日本人にとっては、知らない人と同室のゲストハウスというのは敷居高いのか、宿泊しているのは大部分が外国人バックパッカー。
共同キッチンもあり自炊が可能なので、長期滞在するのにも便利だ。

ゲストハウスは浅草以外にも下町エリアにいくつか点在する。
人気な所としては、浅草の隣駅・蔵前の「Nui.(ヌイ)」。入谷にある「toco.(トコ)」など。


池袋エリア

南千住・浅草エリアほどではないが、池袋駅周辺にも何箇所か格安ホテルがある。
ただ繁華街・ラブホ街のどまんなかのホテルもあるので、事前にGoogleマップ・ストリートビューなどで周辺環境を確認しておくといいだろう。


ターミナル駅・山手線&中央線駅周辺にはカプセルホテル

カプセルホテルやサウナ宿泊でいいなら、東京はターミナル駅やその他山手線・中央線駅周辺に多数のカプセルホテルがある。「駅名 カプセルホテル」で検索すれば簡単に見つかるだろう。

記事最終更新日:2017/07/24
記事公開日:2014/10/18
任貴華の東京見聞録
生活感あふれる"庶民の街"亀戸

エリア別情報(準備中)

  • 新宿
  • 渋谷
  • 池袋
  • 六本木
  • 下町
  • 東京西部
  • 奥多摩
  • その他

LANGUAGE

ABOUT